ひだまりホリデーマーケット

キットが好き

Nagomiのめぐみです。(2回目の登場)

本当に沢山の方にお買い物をしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。売り切れ続出で凄いですね!

先日、このマーケットを通じて、カスタム薬膳茶をオーダーしたいとご連絡いただきました。

嬉しい❣️

お買い物もそうですが、このマーケットのもう一つの目的でもある、ご縁づくり。

繋がる温かさを感じています。

さて、題名に書いた、”キットが好き”

私は小さい頃どうだったかはわかりませんが、大人になってからは ”キット” (何かを作る材料だけが入っているもの)が好きで、

みるとワクワクして手に取ってしまいます。今回のマーケットでも、アドバンスメンバーの方々が醤油を作るキット味噌を作るキットを出していますよね。まさに、そういうの、ワクワクです!これで作れるから作ってごらんって。後押ししてくれているような。

だからなのか、私が作りたい!と思うものも、キットが多い気がします(笑)

初めての方々に。 私は、トロントのウエストの方で、Nagomiというお店をさせていただいています。本職はフェイシャルをする人(エステティシャンというとなんだか私には美し過ぎる)・綺麗になるワクワクを伝えたい人。です。もちろん、外側からだけのケアでは ”美肌”をゲットするのは長い道のりなので、内側からのこと(美肌への近道)も、ワークショップなどを通じてお伝えしています。

うちの鍼灸師、中医学専門士のYukiと中医学と薬膳のことをお伝えする講座を始めて早7年。初めてのワークショップは参加者の皆さんの体質や体調に合わせて、カスタム薬膳茶を作ってもらうというものだったんですが、その材料である生薬たちの見た目がまぁー。

地味。。 (みかんの皮、乾いた花、乾いた根っこ、木の皮、萎れた実など。。)

その頃から、もっと、生薬を身近に、薬膳を身近に、楽しんで欲しい、手に取って欲しいと思い、女性が可愛いと思って手に取ってくれそうなものを作り始めました。

そして、”キット好き”の私は、今回も、チャイキット、薬膳鍋キット 温(WARM), 美肌 (BEAUTY)ホッとチョコレートキット などなど、キットいっぱい作りました。(笑

その中でも、この時期オススメは、ホットワインを作る 薬膳ホッとワインキット 

お家にある、ちょっとずつ残ってる赤ワイン、買ってみたけどあんまり美味しくなかった赤ワインをお鍋でも、スロークッカーにでも大集合させて、そこに、カットオレンジ、またはオレンジジュースとお好みで甘味料を。簡単に体がぽかぽかになるホッとワインが作れます。(お酒が弱い人は少し長めにグツグツさせて、アルコールを飛ばしてください。)

これで、素敵なステイホーム、大人タイムが過ごせます。

そして、もう一つのオススメが オリジナル屠蘇散

お正月お屠蘇を作る時に、
前日から漬け込むセットです。

去年、しおりさんに教わって本みりんを仕込んだときに、

自分で作った本みりんに自分で作った屠蘇散を漬け込んだお屠蘇が飲めたら、どんなに最高か!

さぞかし、良い年に!

と思ったらコロナが来た。。。(苦笑。。。

それはさておき、

今まで屠蘇散を漬けたお屠蘇を飲んだことがないので、何が正解かわかりませんが、私にとっては感動の味で、これを毎年の恒例にしようと思いました。

屠蘇(とそ)または、お屠蘇(おとそ)とは、一年間の邪気を払い長寿を願って正月に呑む縁起物の酒であり風習である。

現代ではお屠蘇を飲むというと、単に日本酒を飲むことを指す場合もありますが、本来、お屠蘇とは「屠蘇散(とそさん)」または「屠蘇延命散」と呼ばれる5~10種類の材料を配合したようなものを漬け込んだ本みりん、またはお酒のことで、唐の時代の中国より伝えられ、平安貴族の正月行事に使われていたそうです。江戸時代には一般庶民の口にも入るようになるまで広まったそうです。

最近はKOJIといえば、日本人じゃなくても分かる人が増えてきたように、YAKUZENも説明なしでも

あー、YAKUZENねーってなる日が来ると良いな。

そんな日を夢見て、”気軽に薬膳”アイテムをこれからも春夏秋冬で考えていきたいと思います!

長くなりましたが、読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す